シェアする

文章の書き方が超うまくなる写経じゃない方法。コピーライティング裏話

オススメ情報

【 あなたの人生は百点満点ですか? 】

◆混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!

※メルマガは毎日こっそり配信しています!!^^


シェアする

ネットで公開する文章を書くときに

私はiPhone×evernoteの連動テクニックを使います。

  • セールスレターで長文を書くとき
  • 突発的に閃いたノウハウを残すとき

60分で20000文字が書ける

超高速ライティングのテクニックを使っています。


しかし、完成した文章は、さらなる手を加える必要があります。


そのために考えた、WEBライティングの学習法。


もう一歩踏み込んだ

「文章力の高め方(ライティング学習法)」とは?


コピーライティングをかじったことのあるひとは

例外なく「写経でしょ?」と言いますが、ちがいます。


参考になる文字を書き起こす練習法ではありません。


また、私が販売している20万円レベルの高額教材を

買えというわけではありません。

私は60分で20,000文字以上のレターを書くこともできますが、

それをゴリ押しするつもりもありません。


誰も知らないオンリーワンの学習方法をオススメするだけです。


【 音読学習 】(聞き流し勉強法)

ID-100114809


私がインパクト絶大なセールスレターを書けるようになったきっかけのひとつ

超有名情報教材のセールスレターの音読チェック。

【 音読 】。

つまり「聞き流し」学習です。


商品を売るための販売ページの一言一句を
読むのではなく、聞いて、聞いて、聴きまくっていたのです。


マネして書いて、書いて、疲れまくる「写経」ではありません。


英語学習のごとく、聞いて、聞いて、聴きまくって
実績のありすぎるライティング素材を、脳みそにすり込んでいたのです。

つまり、英語学習で有名なスピードラーニングのように

評判のたかい情報商材のセールスページの文言を、一言一句、音声で聞きまくる。

反応がとれるキーワード選定、文章の書き方を、思考レベルで鍛えたのです。


おかげで、読むだけでは解読できないレベルで
圧倒的かつ高速に、ウェブライティングを学ぶことができました。


今、手元に残しているのは以下の商材分。


【1】ネットビジネス大百科 前半(39分39秒)
【2】ネットビジネス大百科 後半(1時間19分09秒)
【3】新世界アフィリエイト 前半(31分10秒)
【4】新世界アフィリエイト 後半(1時間18分28秒)
【5】小玉歩 ネットビジネスゴールデンクラブ(35分36秒)
【6】扇動マーケティング(1時間13分54秒)
【7】羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校 前半(1時間22分33秒)
【8】羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校 中半(1時間29分59秒)
【9】羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校 後半(31分40秒)
【10】Youtube Adsense攻略情報共有プログラム 前半(35分33秒)
【11】Youtube Adsense攻略情報共有プログラム 中半(1時間32分15秒)
【12】Youtube Adsense攻略情報共有プログラム 後半(6分7秒)
【13】DMMアフィリエイト支援(13分54秒)

英会話の習得も、小学生のときの漢字学習も
誰もが経験したことがあるように
知識の詰め込みやモデリンクだけでは限界があります。


セールスレターを書くのも、生真面目に練習しているだけじゃ
得られるものは、たかが知れているのです。


圧倒的な結果は待っていても届きません。
溢れるぐらいの実績は、自分で掴むしかないのです。


そのための方法がわからないのであれば
私の教材は、最高の参考書・攻略本になるでしょう。


(最終更新日:2015年9月7日)

pre-book

The following two tabs change content below.
坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

あなたの潜在覚醒スキルを高める専門家。個のエネルギーをたかめて人間成長を目指す中小零細企業の経営者やリーダーの潜在覚醒シンクタンクを運営。混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!2歳で歯を欠損→吃音症→顎関節症→腰部脊柱管狭窄症で脱サラした元ポンコツ会社員。アレルギー性鼻炎は未だに完治していません。Amazonランキングでベストセラーになった著書は販売終了し、一部が【 日本を代表する公的機関】で映像資料として所蔵されています。プライベートは愛犬家。購入者からセールスレターが書けないと相談されたときは「僕の教材の販売ページを好きにしていいですよ。リライトしてみる?」など、柔軟に対応しすぎてびっくりされることも・・・。2016年のテーマは「Yahooニュース」にのる。プライベートな物語はSTORY.JPで公開しています。
オススメ情報

シェアする