シェアする

カイジの人生逆転を生活保護者がアフィリで再現するため大切なこととは?

オススメ情報

【 あなたの人生は百点満点ですか? 】

◆混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!

※メルマガは毎日こっそり配信しています!!^^


シェアする

ID-10021481

周りと比べて落ち込むなら情報は遮断しましょう。

坂田光靖(さかたみつやす)です。

お金持ちになりたいですか?^^

商売繁盛していますか?

アフィリエイトで稼げるひとと稼げないひとの
マインドの違いがわかりますか?


ありきたりな薄いコメントではなく、
綺麗事なしの本気アドバイスです。^^


聞くタイミングをまちがえると号泣するかもしれません。


初心者でも中級者でもレベルや稼ぎの差は関係なく、
稼げる情報を誰もが探しています。


年収をあげるにはどうすればいいか考えていて、
収入upの方法を真剣に探しています。^^


そのスタンスは非常に大切で、
成長思考のつよいひとほどお金を稼ぐために悩みを解決すべく、
日々、頑張っています。


質問に回答しているとわかるのです。


稼いでいるひとと稼いでいないひとの差がわかるのです。


大前提として、
アフィリエイトは早さを競うビジネスではありません。^^


ゴールをしたひとが成功者です。
どれだけ時間が掛かろうともいいのです。


ゴールすれば皆が成功者なのです。^^


大切なのは、周りの人を見て
自分のレベルを判断しないこと。


比較をして、嫉妬心、焦りの気持ちで
モチベーションを高めことはできます。


しかし、それはきっかけとしては良いのですが、
突き抜けるための壁になるのです。^^


他人のことなどお構いなしに、
空気のように淡々とプロジェクトを進める。


稼いでいるひとは、悟りをごときマインドが出来ているので
「行動しない」「先延ばしする」「言い訳をする」←対象外になるのです。


人は人、自分は自分。


お互いを高め合う存在は貴重です。^^


しかし、アフィリエイトは早さを競うビジネスではありません。
ゴールをしたひとは、みんなが成功者なのです。


購入者から相談をされる度に回答するのですが、
周りと比べて時間を無駄にしているひとが多すぎます。^^


周りと比べて焦ったり落ち込んだり
悩んだりして作業が出来ていないのなら、
情報は遮断しましょう。


人の成功談など見るべきではありません。^^


決断力、判断力が劣化します。


焦る気持ちにつけ込まれるのです。


「どういう事をやってくれるかは大体分かるんですが、
結局実績が解らないから判断できないんです。」


↑なんて言い訳をしているうちは、
無料オファーとかいうプロダクトロンチで
煽られる人生から抜け出せません。^^


情報商材系のひとって
「●●さんが半端なくすげー!!」「さすがってすね!!」と
ネットでよく騒いでいますが、リアルでも同じですよ。


カフェやコワーキングスペースでも雰囲気はそのまんまです。^^


一方、稼いでいるひとは彼らを静かに観察しています。

質問や疑問、感想を「お宝」と呼んでいるひともいます。


どういう事をやってくれるかは大体分かるんですが、
結局実績が解らないから判断できないとつぶやいているひとほど、
すぐに引っかかってしまうのです。^^


繰り返しになりますが、
アフィリエイトは早さを競うビジネスではありません。


ゴールをしたひとが成功者です。


成功の基準も人それぞれちがうのです。^^


気づいているひとは言い訳せず、
淡々と自分のゴールを目指してプロジェクトを進めているのです。

↓↓↓

まずは手頃な価格で音声を聞いてみたい人向け

↓↓↓

お客さまの感想(動画にしました!!)

↓↓↓

日本式DRMでリピーターを獲得しまくろう!!

それでは坂田光靖でした。

(最終更新日:201512月24日)

pre-book

The following two tabs change content below.
坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

あなたの潜在覚醒スキルを高める専門家。個のエネルギーをたかめて人間成長を目指す中小零細企業の経営者やリーダーの潜在覚醒シンクタンクを運営。混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!2歳で歯を欠損→吃音症→顎関節症→腰部脊柱管狭窄症で脱サラした元ポンコツ会社員。アレルギー性鼻炎は未だに完治していません。Amazonランキングでベストセラーになった著書は販売終了し、一部が【 日本を代表する公的機関】で映像資料として所蔵されています。プライベートは愛犬家。購入者からセールスレターが書けないと相談されたときは「僕の教材の販売ページを好きにしていいですよ。リライトしてみる?」など、柔軟に対応しすぎてびっくりされることも・・・。2016年のテーマは「Yahooニュース」にのる。プライベートな物語はSTORY.JPで公開しています。
オススメ情報

シェアする