シェアする

年収1000万円以下でお金持ちの友達がいないからあなたはネットで稼げない?

オススメ情報

【 あなたの人生は百点満点ですか? 】

◆混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!

※メルマガは毎日こっそり配信しています!!^^


シェアする

ID-10081433

100回叫ぼう。顧客イメージは超重要!!!!!!!!!!!

坂田光靖(さかたみつやす)です。

商売繁盛していますか?

年収1000万円以下とタイトルに書いてみましたが
なんとなくのイメージです。


お金持ちの友達がいないとネットで稼げない?
と考えているひとがいるようですので、違うよねー、と。

わかったつもりの頭でっかちはタチが悪いです。
そして、最高のカモになります。


と、いうのは某書籍でも書かれている
有名なセリフですよね。


他人を疑い、批判し、
風評を垂れ流すひとほど洗脳されやすい。


権威に弱く、実は依存心が強いのです。


私生活ではそうは見えなくても、
今はわかりやすい時代ですよね。


ネットでの書き込みで自爆しているひとは
めちゃくちゃ多いですから。


ネットで稼ぎたいなら顧客をきちんとイメージしましょう。


そして戦略的に逆算してから仕組みをつくる。


集客から成約、お金が振込まれるまでの
ストレスが解消されますよ。

シルバーウィークでお金持ち思考になる方法

視野を広めると世界が変わります。


同じものをみていても、思考が変わり、
得られるものが変化します。


わかりやすいのはパソコン作業です。


貧乏マインドからお金持ちマインドになり、
行動することが当たり前になり、
チャレンジすることを楽しめるようになると、


毎日眺めているパソコンのモニターに映る情報がかわります。


人生を楽しむためのヒント。
具体的な手段。


生産的かつ効率的にお金を稼ぐ方法も、
無料で流れてくる情報からヒントが得られるようになります。


これはスマホでも同じです。


視野が広がった瞬間を記憶しておきましょうね。

あなたが進化した瞬間ですので。


私が音声教材にこだわるのは、
あなたが進化しやすくするためです。


人間は習慣の生き物で、進化してもすぐに退化します。


進化と安定という矛盾した欲求があるため、
元の鞘に収まってしまうのです。


音声教材は聞き流しができます。
思考にダイレクトに響くのです。


作業の手をとめることなく、視線を奪うことなく、
潜在意識にインパクトを与えることができるのです。

変な人になりたいですか?

セミナーなら隠蔽技能、
動画はYouTube fire!やYouTube fire秘録、


メールマーケティングや情報販売を組み合わせた
総合的な稼ぎの仕組みは日本式DRM、


WEBライター養成教材はつんつんコピーライティング。


各分野でマニュアルは超多いですよね。


無料レポートはゴロゴロあって、
ブログにノウハウを書いているひともたくさんいます。


そんな中で、音声で学習しやすくしているひとはいません。
私の教材だけです。


マニュアルは陳腐化するからですか?と、
質問もありますが、それは違います。


誰かの新作で紹介していることも、
実は5年前にはセミナーで語っていて、
サポートフォーラムを遡ると見つかりました~。
なんて話はよくあります。


ミクシイは終わったとか、Facebookはオワコンでしょ?
と決めつけるぐらい浅はかです。


いつもとちがう結果をだすためには
脳みその思考回路をかえて、物事の感じ方を繊細にする。


根本から行動パターンを変化すれば
新しい結果はすぐに手に入れることができます。


あなたは(悪い意味で)変な人にならないでくださいね。

私の教材を一覧でまとめてみました。

それでは坂田光靖でした。

pre-book

The following two tabs change content below.
坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

あなたの潜在覚醒スキルを高める専門家。個のエネルギーをたかめて人間成長を目指す中小零細企業の経営者やリーダーの潜在覚醒シンクタンクを運営。混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!2歳で歯を欠損→吃音症→顎関節症→腰部脊柱管狭窄症で脱サラした元ポンコツ会社員。アレルギー性鼻炎は未だに完治していません。Amazonランキングでベストセラーになった著書は販売終了し、一部が【 日本を代表する公的機関】で映像資料として所蔵されています。プライベートは愛犬家。購入者からセールスレターが書けないと相談されたときは「僕の教材の販売ページを好きにしていいですよ。リライトしてみる?」など、柔軟に対応しすぎてびっくりされることも・・・。2016年のテーマは「Yahooニュース」にのる。プライベートな物語はSTORY.JPで公開しています。
オススメ情報

シェアする