シェアする

ハイパワーマーケティング/ジェイ・エイブラハム著は日本式DRMにも通じる超名著です。

オススメ情報

【 あなたの人生は百点満点ですか? 】

◆混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!

※メルマガは毎日こっそり配信しています!!^^


シェアする

ID-100350436

オーディオ版(MP3)で毎日聞いています。

坂田光靖(さかたみつやす)です。


アドバイスをしたひとの報酬が
1年で大きく伸びたということで
情報の質は人生を変えるよね!と再実感しています。

わたしの教材は音声がおおいのですが
それには理由があります。


作業中、移動中、運動中も
わたし自身が音声教材をフル活用しているのです。


動画だと手が止まるし、
歩きスマホになるから危ないんですよね。


音声なら繰り返し、なんどもリピートできるので
動画みたいに疲れることもない。


運動しながらでもノウハウが学べる。
マインドを進化させられるなんて最高です。


例えば、ハイパワーマーケティングのオーディオ版。


毎度お馴染みの名著。
米国トップコンサルタントであるジェイ・エイブラハムのベストセラー本ですね。

9k=


Amazonでは91件のカスタマーレビューがあり
最低評価は1個のみ。


レビューなんて普段は参考にしないけど
この本への評価には共感しています。

  • アップセル/クロスセル
  • USP
  • 先制のマーケティング
  • リスク・リバーサル
  • BTRF
  • A/Bスプリット
  • 紹介システム
  • ジョイント・ベンチャー


現代ビジネスの基礎になっている
マーケティングの極意が学べる歴史的名作です。


インターネットビジネスにも大きな影響を与えています。


有名起業家は全員読んでいる超有名本ですよね。
あなたも読んだことがあると思います。


わたしはハイパワーマーケティングの
オーディオ版をもっているので、
仕事中に、運動中に、スキマ時間があればスマホで聞いています。


以前から何度もリピート学習していて、
未だにインスピレーションを受けまくっています。

誤解を恐れずに言うと、稼ぎ続けているひとは
みんな私と同じことをしています。


同じ本を繰り返し読んでいなくても
同調エッセンス、ニュアンス、本質をふくんだ情報を
頭の中に繰り返しインプットしているのです。


もちろん、わたしの教材を使いこなしているひとも、
同じことをしています。


だから成長するんです。長く活躍できるんです。


申し込みページまではいくけど
何度も躊躇して時間ばかりがすぎているひとは、
どんどん差がでていることに気付いてください。


そーとー、ヤバいです。


モチベーションが上がらないときに
無理して作業することも、
勉強する必要もありませんけどね。


リフレッシュが思考を活性化することもありますので、
何をしない日をつくるのも大切です。


例えば、わたしは雨が降ると体調がわるくなります。


一日中ダルくなるので、
平日でも自宅で一日中寝ていることもあります。


また、雨がふる前日は鼻炎がひどくなるので
作業はほどほどにして
午後からは体調を整えるのに集中しています。


他人の目にはサボっているように見えるかもしれませんが、
体調が回復したときは
ものすごいモチベーションで働いています。


普段の3倍、10倍ぐらいの作業量です。


原稿をがんがん書いて
教材を制作しまくるくることもあります。


こういう時でも、音声だけは聞いていると、
復帰したときのアイデアの出かたが
半端ない状態になるのです。


早く日本一のわたしの教材で試してください。

それでは坂田光靖でした。

pre-book

The following two tabs change content below.
坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

あなたの潜在覚醒スキルを高める専門家。個のエネルギーをたかめて人間成長を目指す中小零細企業の経営者やリーダーの潜在覚醒シンクタンクを運営。混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!2歳で歯を欠損→吃音症→顎関節症→腰部脊柱管狭窄症で脱サラした元ポンコツ会社員。アレルギー性鼻炎は未だに完治していません。Amazonランキングでベストセラーになった著書は販売終了し、一部が【 日本を代表する公的機関】で映像資料として所蔵されています。プライベートは愛犬家。購入者からセールスレターが書けないと相談されたときは「僕の教材の販売ページを好きにしていいですよ。リライトしてみる?」など、柔軟に対応しすぎてびっくりされることも・・・。2016年のテーマは「Yahooニュース」にのる。プライベートな物語はSTORY.JPで公開しています。
オススメ情報

シェアする