シェアする

ユニクロのジーンズは即決。でも、レンタルサーバー代に恐怖を感じるひとがヤバすぎる件

オススメ情報

【 あなたの人生は百点満点ですか? 】

◆混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!

※メルマガは毎日こっそり配信しています!!^^


シェアする

ID-100281870

お金は紙クズです。大切な紙クズです。

坂田光靖(さかたみつやす)です。

ユニクロでジーンズを即決で買うのに、
情報を買うのにビビってるひと…、いますよね。


レンタルサーバーを借りるのに3ヶ月も悩むひととか…。


ユニクロのジーンズだと
MENスキニーフィットテーパードジーンズ(Air)は¥3,990。

MENスキニーフィットテーパードジーンズ


お昼ご飯を節約すれば経済的に苦しくなることないレベル。


でも、同じ価格の3,990円のマニュアルに騙されるんじゃないか、
とパソコンの前で悩んでいる。


レンタルサーバーに申し込んだら損をするんじゃないかと
パソコンの前で冷や汗をかいている。


お金は紙くず、されど紙幣とはいえ、
客観的にもカッコイイとは思えません。

ビジネスには図太い神経も必要だけど…


稼いだ実績を公開しているのに、
「無料で私を紹介して!」とアピールしてくるひといますよね。


単純な話、金銭的余裕があるなら
メルマガの号外広告を打てばいいんですが…。


Facebook広告、PPC広告、
アフィエイトセンターに無料オファーを登録することもできるのです。


戦略的な思考と、ホントの稼ぐ力があるならば、
迷わずそっちにいきます。


私ならそうするし、実際にやってます。
きちんとやってる仲間ももれなく同じです。


ビジネスで結果をだすには、図太い神経は必要です。


ガツガツ感はあってもいいし、
むしろ、成功を引き寄せるマインドともいわれます。


しかし、業界の事情をしっていると話は別。


対価以上の価値があるコンテンツをプレゼントするから紹介してほしい!
という交渉をする自体がナンセンスなのです。


インターホン付きの正面玄関があるのに、
なぜ裏口の壁を乗り越えようとするのか?


時間と労力をムダにして、セルフイメージも、
業界でのイメージも下げることになります。

◆最新情報はコチラ◆
メールアドレス
お名前

ズレたマインドは徹底的に補正しましょう。


繰り返しになりますが、
少額でも試せる広告がたくさんあります。


それを使いこなす実力、情報力、
知恵と経験ことがお金を稼ぐちからです。


無料で「くれくれ君」と同じく、
無料で「してして君」は、歓迎されません。


メールが届いた時点で、公表している実績を疑います。
疑われるのです。


そして疑惑を払拭するのは超大変です。


わたしの仲間はそんな野暮ったい営業をしてこないし、
する必要すらもないから、継続して稼ぎ続けているからです。


お金は紙クズです。大切な紙クズです。


ユニクロのジーンズに使う3,990円と、
教材代の3,990円の日本紙幣価値は同じです。


消費者としてどれだけの価値を感じるかは、そのひと次第。


ジーンズをゴミだと思う人もいれば、
3,990円の教材代から100万円を稼ぐひともいるのです。


インターネットが発達して、
売り込み営業もメール送信だけでできるようになりました。


断られる恐怖、なんとしてでも結果をだすという
勇気と熱意が希薄になってしまうのは残念すぎます。


根本的なところでズレています。


負け癖はつまらないことで定着します。
どうせなら、勝ち癖をつけましょう。


理解できないひとは連絡をください。


コンサルしますよ。(^-^)

それでは坂田光靖でした。

pre-book

The following two tabs change content below.
坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

あなたの潜在覚醒スキルを高める専門家。個のエネルギーをたかめて人間成長を目指す中小零細企業の経営者やリーダーの潜在覚醒シンクタンクを運営。混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!2歳で歯を欠損→吃音症→顎関節症→腰部脊柱管狭窄症で脱サラした元ポンコツ会社員。アレルギー性鼻炎は未だに完治していません。Amazonランキングでベストセラーになった著書は販売終了し、一部が【 日本を代表する公的機関】で映像資料として所蔵されています。プライベートは愛犬家。購入者からセールスレターが書けないと相談されたときは「僕の教材の販売ページを好きにしていいですよ。リライトしてみる?」など、柔軟に対応しすぎてびっくりされることも・・・。2016年のテーマは「Yahooニュース」にのる。プライベートな物語はSTORY.JPで公開しています。
オススメ情報

シェアする