シェアする

GUのインスタグラムキャンペーンをみて専用ツールを買っちゃうひとってw

オススメ情報

【 あなたの人生は百点満点ですか? 】

◆混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!

※メルマガは毎日こっそり配信しています!!^^


シェアする

gu_timeline_001-thumb-660xauto-277040

GUのインスタグラム戦略はブログ戦略と共通点がたくさん!

坂田光靖(さかたみつやす)です。

GUのインスタグラムキャンペーンをみてると、

ブログ成長期とやってることは同じですね。

インスグラムをビジネスに使うときも、

ブログで使うときも程度の差はあれ、

成功法則があるんですよ。

ご存知のとおり、その法則は昔から不変のルール。

インターネットが発達したから

可視化しやすくなりましたよね。

上っ面だけみると新しい法則だと思う人もいるし、

実際に扇動されるひともいるけど

点と点がつながって線になるプロセスをたどると

共通項がみえてきます。

教える・ノウハウ化することを前提に

物事をみていると、

このあたりの理解はすごく早くなります。

インスタグラムは自由度がひくいので、

稼ぐ系のネットビジネスだとちょっとアレですよね。

でも、ニッチなブランドの動きは面白いですよ。

某プロットフォームでもバカ売れしている

「フィリップ・モデル」の独占販売権を

伊藤忠が取得したでしょ。

フィリップ・モデルは

イタリアの超有名ブランドだから知ってますよね?

中心価格は4万5000~6万円程度です。

並行輸入もできるじゃないですか。

商社がはいったらイタリアの公式サイトから

直接購入はできなくなると思うけど、

その分は差額が大きくなる可能性がたかいし、

数年越しでブランド戦略をみていくと面白い。

直営店が増えるのは当然として、

ファッションのアイコンになる

有名人やスポーツ選手との契約が

水面下でうごきはじめて、ネットでの露出も増える。

ブログやインスタグラムでの露出もふえます。

まあ、New balance好きとしては

別に狂喜乱舞するほどじゃないし、

そっちで無在庫ショップを

運営してるわけでもないんですけどね。

伝わってますか?

音声ではもっとおもしろい話ができるんですけどね。

教材購入者さんは理解力が

すば抜けて進化しているので安心ですけど。

ちょっと前のメルマガ塾・情報発信系の

高額オファーに参加したひとは大丈夫ですか?

自分の型を破ったのはいいけれど、

その後、急にしぼんだ風船みたいに

テンションがた落ちのひとも

増えてるみたいなんで心配しています。

人間ってそういう時ほど

目新しいノウハウに飛びついちゃう傾向があるんです。

例えばインスタグラムとかね。

せっかく実績を公表しているひとや、

某グループの中心メンバーに近づけても

成果がうまく上がらないひとは、

1日だけもブレイクして思考をリフレッシュさせましょう。

身体も休めましょう。

自分の殻をやぶったつもりが、

型まで崩壊させてしまって、

モチベーションすら下がったら本末転倒です。

そんなの残念すぎるし成果がでるはずもありません。

ほんのわずかな成果でも結果がでたらよろこぶべきで、

そこからが成果の分かれ目とはいえ、

ビジネスはビジネスです。

ボランティアでも、子供のママゴトでもありません。

今日からバレンタイン商戦が本気モードになりますからね。

パークハイアット東京、

東京マリオットホテルでも「5000円」あれば十分です。

さすがに初日は込むと思いますけど、

平日のランチタイムは、落ち着くことがおおいです。

狙い目なのでオススメですよ。

ご参考に!

それでは坂田光靖でした。

pre-book

The following two tabs change content below.
坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

あなたの潜在覚醒スキルを高める専門家。個のエネルギーをたかめて人間成長を目指す中小零細企業の経営者やリーダーの潜在覚醒シンクタンクを運営。混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!2歳で歯を欠損→吃音症→顎関節症→腰部脊柱管狭窄症で脱サラした元ポンコツ会社員。アレルギー性鼻炎は未だに完治していません。Amazonランキングでベストセラーになった著書は販売終了し、一部が【 日本を代表する公的機関】で映像資料として所蔵されています。プライベートは愛犬家。購入者からセールスレターが書けないと相談されたときは「僕の教材の販売ページを好きにしていいですよ。リライトしてみる?」など、柔軟に対応しすぎてびっくりされることも・・・。2016年のテーマは「Yahooニュース」にのる。プライベートな物語はSTORY.JPで公開しています。
オススメ情報

シェアする