シェアする

フォローマティックXY、Twitter Brain【実践・評判】使えない?

オススメ情報

【 あなたの人生は百点満点ですか? 】

◆混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!

※メルマガは毎日こっそり配信しています!!^^


シェアする

坂田光靖(さかたみつやす)です。

商売繁盛していますか?^^

今回はTwitterツールについて、気になることを書きます。

Twitter_logo_blue

インターネットビジネスでは優秀なツールがあり

特に、Twitterは自動化ツールがそろっています。

駄作と人気作の差がすごくて、完全に二極化しているともいえるのですが

フォローマティックXY

Twitter Brain

2つが圧倒的に支持されています。

フォローマティックXYはトラブル続発中!?

私はフォローマティックXYを使っています。

Twitter Brainはレターの雰囲気からそて成約率がたかそうだし

よい評判もかなり聞くので導入してもいいかなと考えています。

情報商材のアフィリで稼ぐだけなら

Twitter Brainを押しまくるのもありでしょう。

しかし、Twitter Brainは定期的に買いたくなります。

なぜなら、フォローマティックXYにストレスを感じているからです。

403エラーが続発してリムーブ&フォローができない?

機能的にはかなり満足していて、フォロワー数もがんがん増えるし

反応もよいのですが、403エラーの頻度が高いんですよねー。(^^;

フォローマティックXでこの現象はよく起こります。

その影響もあって、旧型フォローマティックと併用しているのです。

フォローマティックXYでエラーが増えたら、旧型フォローマティックを使う。

旧型フォローマティックでエラーが増えたら、XYに変える。

ぶっちゃけ面倒くさい。^^

自動化できるツールだからといって完全放置はそもそもしませんけれども

エラーの頻度たかくない?と。

ほっとけば直るのであれなんですが、環境によるのかなーという印象です。

Twitterの規制対策がかなり厳しくなっているのも大きい?

何故か購入者アドレスが消えて、認証リセットできなくなる。

という謎の現象がおこっていたのはビビりましたけどね。

ただ、これについては使っているメルマガスタンドの問題で、運営者の対応は早かった。

トラブルが元とはいえ、好印象をもちました。^^

機能的には満足しているものの、Twitter側の規制が厳しくなっているのと

周辺が足をひっぱっている印象です。^^

ただし、間違えないでほしいことがあります。

私の場合は、フォロワー数が最低でも5000名以上のお話。

フォロワー数10000名ごえのアカウント事例です。

アカウント開設直後、育てている真っ最中で、これ以下なら同じことはほぼ起こらないです。

最初しか読んでいないひとは勘違いしないでくださいね。^^

そして、私のノウハウをつかえば

フォローマティックXYでフォロワー2000名レベルのアカウントをつくるのに

一週間もかかりません。^^

過去に販売していた、「資産型bot_SP」という教材のノウハウです。

販売ページはコチラ

(※現在、申し込みはできません)

私からフォローマティックXYを導入する方への、特典にしますね。^^

「資産型bot_SP」をプレゼントします。

特典の受け取り方法はこちら


① 以下の特典付きリンクより販売ページに移動して購入を完了してください。

 申込みボタンを押した時、以下の特典表記があるかご確認ください。


↓↓↓↓↓↓ 


2015-1-13

※複数払いの分割申し込みの場合は、すべてのお支払い終了後にお渡しします。


特典付きリンク

フォローマティックXYの特典付きページはコチラです。

②購入完了しましたらお手数ですがご連絡下さい。

特典に簡単なフォーマットをご用意しています。


それでは坂田光靖でした。

pre-book

The following two tabs change content below.
坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

あなたの潜在覚醒スキルを高める専門家。個のエネルギーをたかめて人間成長を目指す中小零細企業の経営者やリーダーの潜在覚醒シンクタンクを運営。混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!2歳で歯を欠損→吃音症→顎関節症→腰部脊柱管狭窄症で脱サラした元ポンコツ会社員。アレルギー性鼻炎は未だに完治していません。Amazonランキングでベストセラーになった著書は販売終了し、一部が【 日本を代表する公的機関】で映像資料として所蔵されています。プライベートは愛犬家。購入者からセールスレターが書けないと相談されたときは「僕の教材の販売ページを好きにしていいですよ。リライトしてみる?」など、柔軟に対応しすぎてびっくりされることも・・・。2016年のテーマは「Yahooニュース」にのる。プライベートな物語はSTORY.JPで公開しています。
オススメ情報

シェアする