シェアする

バカが増殖中w 日本式DRMと坂田のネットでの評判についてお話します。

オススメ情報

【 あなたの人生は百点満点ですか? 】

◆混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!

※メルマガは毎日こっそり配信しています!!^^


シェアする

坂田光靖(さかたみつやす)です。

私の教材に日本式DRM オリジナル版という教材があります。

購入者が誰もレビューを書いておらず

インターネットでは意味不明な憶測だけが飛び交っているので

念のための補足解説します。

cropped-head1

kz12-2

販売ページはコチラ

代表的な特徴は3つあります。


【 ネットでの「顔だし」なし 】(WEBでのプライバシー保護)

【 実績で煽らない 】(経済的格差による差別で恐怖心を植え付けない)

【 誇大表現なし 】(過剰な表現で欺かない。騙さない)。


3つを特徴にして日本人が好む、
匿名性の高いインターネット環境を維持しながら情報教材でシンプルに稼ぐ。

高額教材を短期間にリピート購入してくれるリピーターを発掘する。

という内容を徹底的に解説しています。

検索すると、怪しい言葉がならび、ワルいことをしているかのような記事ばかりなので

一瞬、ドン引きするかと思いますが

どれも憶測ばかりで、実際に内容をみてもいないひとばかり。

ネット上の落書き。価値のない文字の塊ですから

真に受けるひとはいないでしょう。^^

↓↓↓↓

38hfnk

自分のオススメ商材を成約するために、比較材料として適当なことを書くのは

一昔前に流行した時代おくれのマーケティングです。

なんとなくのイメージだけで、会話すらしたことないひとを詐欺師あつかいし

高額だから偽物だ、危険だとか騒いでいるひとのほうが、人間的に不安定というか

よっぽど非常識で危ない、関わりたくないと思うのですが…。(^^;

ただ、勘違いしているひとが多いと思いますので

ひとつ補足しておこうと思います。

日本式DRM オリジナル版は

顔だしなし」「実績非公開」「誇大表現なし」で稼いだ手法を解説しています。

現在のインターネット・マーケティングとは真逆ともいえる手法です。

これをそのまま実践して稼げるのか?という疑問があるでしょう。

勘違いして欲しくないのは、この部分なのです。

日本式DRMを申し込んだからといって、

あなたは「顔だしなし」「実績非公開」「誇大表現なし」を徹底する必要はないのです。^^

顔だしして、プレゼントを用意して、実績を公表して、誇大表現をつかうのは

インターネットビジネスの王道。

稼ぎやすくするためのマーケティング要素です。

私が紹介しているのは、起爆剤ともいえる要素を排除したうえで

ネットで稼ぐための方法を解説しているのです。

つまり、日本式DRMと、従来のマーケティングを組み合わせると、

爆発的な成果が期待できる。

高額商材をなんどもリピート購入してくれる超VIPを

さらに獲得しやすくなるのです。

レビューもどきのブログをみていると、未だに、高額だから危険とか

実力に疑問があるという声を聞きますが、

憶測と妄想で頭ガチガチの誹謗中傷を読む時間があるのなら

自分のビジネスに新しい教材をどのように活かしていくか、追求するほうが生産的です。^^

これが、もしも、返金保証をつけているなら話は別なんですけどねー。

日本式DRMで返金保証をつけずに、

無期限&無制限サポートだけをつけている理由でもあります。

私の実力が本物であろうが、偽物であろうが

そもそも、買っただけで稼げるようになる教材なんて存在しないし

情報教材を買うという本質を突き詰めると、そんなの判断材料にすらならないのです。^^

cropped-head2

詳細はこちらのページで確認できます。


それでは坂田光靖でした。

pre-book

The following two tabs change content below.
坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

あなたの潜在覚醒スキルを高める専門家。個のエネルギーをたかめて人間成長を目指す中小零細企業の経営者やリーダーの潜在覚醒シンクタンクを運営。混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!2歳で歯を欠損→吃音症→顎関節症→腰部脊柱管狭窄症で脱サラした元ポンコツ会社員。アレルギー性鼻炎は未だに完治していません。Amazonランキングでベストセラーになった著書は販売終了し、一部が【 日本を代表する公的機関】で映像資料として所蔵されています。プライベートは愛犬家。購入者からセールスレターが書けないと相談されたときは「僕の教材の販売ページを好きにしていいですよ。リライトしてみる?」など、柔軟に対応しすぎてびっくりされることも・・・。2016年のテーマは「Yahooニュース」にのる。プライベートな物語はSTORY.JPで公開しています。
オススメ情報

シェアする