シェアする

ピンチ!? アフィエイト利用お断りの通知。報酬未払いになるかも?

オススメ情報

【 あなたの人生は百点満点ですか? 】

◆混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!

※メルマガは毎日こっそり配信しています!!^^


シェアする

ID-10054522

不正アフィリと誹謗中傷アフィリエイターが原因? 報酬未払もある…

坂田光靖(さかたみつやす)です。

商売繁盛していますか?^^

アフィリエイト業界では
異質な存在とされている情報商材アフィリエイト。


稼ぐ・ビジネス系のジャンルで、
アフィエイト利用お断りがでてきましたね。^^


小規模の独立系ASPでは
以前から特典で煽るのは不可という規則がでてきましたが、
さらに進化しています。


ダイレクト出版が最初ですよね。

特典の配布をメインにしたアフィリエイトを禁止したのは。


アフィリエイターのなかで、特典をメインにして、
そもそもの商材の存在価値をなくして成約し、稼ぐ。

という逆転現象がおこっている。


その対策だったと記憶しています。^^


販売者(広告主)からすれば、
報酬を支払うのにお客さんにならないなんて
意味不明ですから当然でしょう。^^


物販・美容健康系などでは、初期の頃から禁止されています。


A8、JANet、バリューコマースなど、
基本はどのASPも特典アフィリ禁止です。


情報商材アフィリエイトは、
インフォトップをはじめ異質な存在だったのです。


ですので、アフィエイト利用の制限は
一般常識を考えると違和感なし。^^

普通はダメです。偽名登録・悪質な不正行為・ネガティブキャンペーン

具体的にどんな通知がきたかというと…。

2015-1-20-2

何度かのテンプレ通知のあと、これがメインのご案内が届きました。

つまり、ホンキだから最終通知してるんですよー、というASPの意思表示です。

本名での登録でない、HP、連絡先が記載されていない


本名を書かない理由が意味不明。


お金を支払っていただく会社に
連絡先をただしく記載しないなんて舐めてますよね?

ホームページはないひとがいるかもしれませんがー

不正を疑われても仕方ない。

理解しがたいです。^^

明らかに故意的な不正行為が見られる


完全にアウト。


未承認のスパムメールを配信?
外注をつかって登録だけを促す?
徒党をくんで報酬だけをかっさらうとか?


ダメでしょ。。。^^


報酬の支払い拒否、社会的に制裁されても文句はいえない。

ネガティブキャンペーンを開催している、またはしたことがある


稼ぐ系の情報商材アフィリにありがちな
低俗なマーケティングです。

このブログでもなんども解説している
業界のイメージすら地に落とす、最低な行為です。^^

小学校のイジメが問題視される時代に
ターゲットをボコボコに批判して、オススメ商材を売るなんて
稚拙としか言いようがありません。

情報のイメージは受け手によって変化するので
どのような形であれ、誤解を与える可能性はあります。

情報配信の質が問われますね。^^

まとめ。広告主と仲良く!不正行為しなければいいだけなので問題なし


ユーザーの質が二極化しているのは事実。


実際、このブログを書いているわずかな間にも
無料オファーのスパムメールは3件も届いてます。^^


受信者の気分を害するとかのレベルじゃなくて…


広告主(販売者)に迷惑です。
ASPに迷惑です。
メルマガ配信スタンドの会社に迷惑です。


インフォトップの営業は
すごく頑張っているのを知ってるだけに
広告主の立場としてはけっこう微妙な心境です。^^


アフィエイト利用お断りの流れは、業界の健全化で、
風通しのよいクリーンなビジネスになってきた証拠ですね。

マインドが弱いと悩んでいる方には、オススメ教材での学習しましょう。

心が強くなるオススメ記事はコチラ

それでは坂田光靖でした。

pre-book

The following two tabs change content below.
坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

あなたの潜在覚醒スキルを高める専門家。個のエネルギーをたかめて人間成長を目指す中小零細企業の経営者やリーダーの潜在覚醒シンクタンクを運営。混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!2歳で歯を欠損→吃音症→顎関節症→腰部脊柱管狭窄症で脱サラした元ポンコツ会社員。アレルギー性鼻炎は未だに完治していません。Amazonランキングでベストセラーになった著書は販売終了し、一部が【 日本を代表する公的機関】で映像資料として所蔵されています。プライベートは愛犬家。購入者からセールスレターが書けないと相談されたときは「僕の教材の販売ページを好きにしていいですよ。リライトしてみる?」など、柔軟に対応しすぎてびっくりされることも・・・。2016年のテーマは「Yahooニュース」にのる。プライベートな物語はSTORY.JPで公開しています。
オススメ情報

シェアする