シェアする

お金持ちは歯列矯正をしている?歯並びがわるいひとは年収がひくい?

オススメ情報

【 あなたの人生は百点満点ですか? 】

◆混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!

※メルマガは毎日こっそり配信しています!!^^


シェアする

ID-100151151

歯並びと年収の統計情報に整合性があるのか? 芸能人ならどうよ!?

坂田光靖(さかたみつやす)です。

商売繁盛していますか?^^

人気のある芸能人は、例外なく歯科矯正をしている。

これは間違いないと思います。

人気のある女優、タレント、芸能人の口元をみるとピンときます。^^


歯並びが美しいだけで第一印象がよく、
単なる笑顔さえも爽やかにみえる。


デンタルケアをしているひとはお金に余裕がある。
外見を意識しているひとは歯科矯正をしている。


ただし、これで年収を語るのは微妙ですねー。^^


私は成人してから歯科矯正をしましたが、
歯並びが美しくなって第一印象はよくなったと思います。^^


また、外見的なところから
精神的に余裕ができたところもあるのでは?
と自己分析をすると、
思い当たるエピソードはたくさんあります。


歯科矯正で歯並びを美しくすることは
ビジネスだけでなく、プライベートでも
コミュニケーションには超効果的だと思います。


歯並びが富の象徴? 海外のステイタスに影響されると得するのか?

日本は海外ほどではないでしょう。


外見的な美しさを求めるのは整形手術にも
通じるところがあると思います。


歯並びがよいからといって、年収が高いとは限りません。

意外とお金がかかるので、その印象が強いかもしれないですね。^^

歯科矯正をするとよくわかるのですが、
定期的に歯医者さんでクリーニングしてもらわないと
歯は黄ばむし、虫歯のもとになる歯石もたまります。


私は歯磨きはしているほうだと思いますので、


成人してから虫歯になった経験はないのですが、
毎回、歯科衛生士さんには感謝しまくりですからね。^^


歯並びと年収の整合性は無理があると思いますが、
外見的には清潔感がでるし、
コミュニケーションしやすくなるでしょう。


ただし、幼少期に歯科矯正をしても
歯並びはわるくなります。


マウスピースをつけていても、
結局は、生活習慣の影響がおおきい。


例えば、片肘をつくひとは顎の骨に影響がでるし、
噛み合わせもわるくなるでしょう。


歯を食いしばるのがクセならば、
顎関節症の症状もでやすいと思います。


なんにせよ、歯科矯正へのステータスは、
日本より外国で感じるのではないでしょうか?

歯並びの前に、口臭を気にしたほうがいいかもしれませんね。^^


ちなみに私は母の日のプレゼントを
ソニッケアー 口腔洗浄機器にしたことがあります。

ジェット水流タイプの歯間ブラシみたいなやつです。

歯並びではなく、歯茎の健康と歯磨きの効果を高まるだろうと…。

2015-1-22-3


歯の健康は万病の元ですからね。


毎日、歯間フロスをして、
デンタルケアをがんばっていると知っていたこともあり


年収どうこうではなく、健康面への願いを込めて…。

プレゼントを検討しているひとは一つご注意を…。


口腔洗浄機器は使うのが面倒だと思う人も多いですので
せっかく購入したけど、いつの間にか放置されていることはよくあります。


男性よりも女性のほうが割合は多いです。
電化製品みたいなものですから
年配の女性は抵抗を感じることもおおいです。


そんな時は、自分用も購入して、使っている様子を
リアルタイムに見てもらいましょう。


同じものを使っているのに、使わないなんてもったいない!と
感じてもらえたら放置されることはありません。

それでは坂田光靖でした。

(最終更新日:2015年9月14日)

pre-book

The following two tabs change content below.
坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

坂田光靖(ザッシング合同会社・最高責任者)

あなたの潜在覚醒スキルを高める専門家。個のエネルギーをたかめて人間成長を目指す中小零細企業の経営者やリーダーの潜在覚醒シンクタンクを運営。混沌のネット時代。潜在覚醒スキルで隠れた人格と才能を開花させよう!2歳で歯を欠損→吃音症→顎関節症→腰部脊柱管狭窄症で脱サラした元ポンコツ会社員。アレルギー性鼻炎は未だに完治していません。Amazonランキングでベストセラーになった著書は販売終了し、一部が【 日本を代表する公的機関】で映像資料として所蔵されています。プライベートは愛犬家。購入者からセールスレターが書けないと相談されたときは「僕の教材の販売ページを好きにしていいですよ。リライトしてみる?」など、柔軟に対応しすぎてびっくりされることも・・・。2016年のテーマは「Yahooニュース」にのる。プライベートな物語はSTORY.JPで公開しています。
オススメ情報

シェアする